【焦り】仕事できないのが辛い……泣きたくなる現状から1歩抜け出す方法

仕事できない辛い(アイキャッチ)

  • 仕事ができなくて落ち込む
  • 上司から怒られてへこむ毎日
  • なんで自分だけできないんだ……
  • 「仕事ができない……」と焦って、
    泣きたくなることもありますよね。

    仕事を辞めたいけど、辞められない。
    時間がほしいけど、仕事は目の前に山積み。
    上司の目線が怖くて会社に行くのがイヤ……

    まさに、ぼくがこのような状態でした

    会社帰りにどうしても涙が込み上げて、
    ファミマのトイレで泣きじゃくったことも。

    「あの~、大丈夫ですか?」

    と店員さんに心配されましたね(苦笑)。

    今回は、

    仕事ができないことに悩んできたぼくが
    紆余曲折するなかで見つけ出した、

    泣きたくなる現状から1歩抜け出す方法

    お伝えします。

    仕事ができないを抜け出す方法
  • 周りの目を気にしている事を認める
  • その仕事に興味ある?と自分に聞く
  • 仕事ができて手に入るものを考える
  • 仕事ができない辛さを抜け出す方法【1】周りの目を気にしている事を認める

    腕組みして悩む女性
    仕事ができないを抜け出す方法
  • 周りの目を気にしている事を認める
  • その仕事に興味ある?と自分に聞く
  • 仕事ができて手に入るものを考える
  • 仕事ができないと、

    まわりからの目線が痛いですよね。

    きみ、こんな簡単なこともできないの?

    と思われたり、実際に目の前で叱られたり。

    「後輩はできているのに……」

    と自分の不器用さを呪うこともありました。

    でも、思ったんです。

    これって、「仕事ができないこと」以前に、
    上司や同僚の目が痛いことがつらいなと。

    誰もまわりにいない環境で仕事をしていたら、「仕事ができないこと」を多分ここまでつらく感じないと思ったんですね

    部活とかでも、同じです。

    小さいころはただサッカーボールを蹴るのが
    好きだったのに、

    部活に入って、監督や先輩から

    こんなシュートも決められないのか!

    と言われると、サッカーが嫌いになります。

    「仕事ができない」と悩む事も一緒かなと。

    たぶん「仕事ができるようになりたい」と
    考えている時点で、

    仕事はキライではないはずなんです。

    「仕事ができなくてもどうでもいいや」と思っていたら、そもそも悩まないですからね

    だから「仕事を適当にやりましょう」
    といったことは言いません。

    キライではないものを適当にやるほうが、
    ストレスがたまってしまいます。

    では、どうすればいいのか?

    ぼくは「まわりの目を気にしていること」を認めることにしたんですね。

    仕事ができないのが辛いのは、まわりの目が近くにあるとき

    ぼくの場合、仕事ができないと悩むのは、
    上司や同僚がすぐ近くにいるときでした。

    ある日、

    請求書の計算がちがうんだけど

    と40歳くらいの女性社員から言われて、
    その人が見ているなか電卓を叩いていた時。

    見られていると思うと手がうまく動かない。

    でも、はやく計算し直さないと……。

    結局、その女性社員から

    ほんと、どんくさいわねぇ

    と言われ、
    ぼくのメンタルはゲームオーバー。

    こんな簡単な計算もできない自分を、かなり責めましたね。自己嫌悪です

    でも、別の日に自分で請求書のミスに
    気づいたときは、そんなに苦労することなく
    修正できた
    んですね。

    つまり「仕事ができない」と落ち込むときは
    以下のような状態だったんです。

    ■苦手に感じる仕事をしなくてはいけない

    ■まわりの目線があるなかその仕事をする

    ■焦ってうまくいかない

    ■周りがイラついている空気を感じる

    ■焦ってさらにうまくいかない

    ■ついに周りがキレる

    ■仕事ができないことがトラウマになる

    スポンサーリンク

    「苦手」と「できない」を混同しない

    仕事ができないということは、
    もともとその仕事が苦手だったはず

    苦手なことは、誰にでもあります。

    むしろ「仕事ができる」と言われている人は、苦手なことは他の人に任せて、自分は得意なことだけやっていますよね

    ここで大切なのが、

    他人の目を気にすると、
    苦手が「できない」に変化してしまうこと。

    そこで、苦手なことがあると認めました

    得意な人より早くできません。
    でもそれでいいんです。苦手なんで。

    次に周りの目を気にしてる事を認めました

    はいはい、またオレ焦ってんな

    と思いながら、
    苦手なことに取り組んだんですね。

    「周りの目が近くにあるとうまくいかない」
    ということが自分で分かっているので、

    冷静になることができました

    冷静になると、
    落ち着いて仕事に取り組めます。

    もちろん苦手な仕事なんで人よりは遅いです。でも、落ち込むことは減りました

    苦手なことがあるな……、

    と落ち込むことは誰にだってあります。

    どんなに完璧に見える人でも、
    本人は苦手に感じていることが
    山ほどあったりします。

    繰り返しますが、

    「苦手」はあってもいいんです。

    一方でよくないのが、「苦手」を
    「仕事ができない」に変換してしまうこと

    ちなみに「苦手」な事を責めてくる人は、

    そもそも人間としてオシマイな人です。

    苦手を補完し合うのが「会社」だからですね。「オシマイな人」の相手をするだけムダです

    一方で「仕事ができない」と悩むのは
    個人の問題です。

    「仕事ができない」と悩む矛先は、
    自分を向いています。これは、つらいです。

    でも仕事ができないと悩む、その仕事って、

    そもそも「苦手」なことじゃないですか?

    苦手だから仕事が遅くなって、
    しかもまわりの目線が痛くて焦って、

    失敗して落ち込んでいませんか?

    苦手な仕事を得意にするのは、
    時間がかかります。

    一方で「苦手」を「仕事ができない」と
    変換することを止めるのは簡単です。

    それは「はいはい、またオレ焦ってんな」

    周りの目線に焦ってることを認める事です。

    自分の心に向いた矛先をズラそう

    ちなみに、ぼくは転職して、
    いまはWEB編集の仕事をしています。

    IT用語やパソコンは苦手なことは、
    自分でよくわかっていました。

    だから、苦手は苦手と認めました。

    先輩が見ているとうまくできないことも
    「いつもどおりだな」と認めています。

    「うわっ、また苦手な仕事降ってきたよ」

    と思うことはありますが、

    仕事できねぇ、と思う事はなくなりました。

    おそらく今までのぼくだったら、
    「仕事行きたくない」と悩んでたかなと。

    「人の目線を気にすると、俺ってうまくできなくなるよね」とある意味達観することで、「苦手」を「仕事ができない」に変換することを意図的にストップさせています

    あなたが真っ先にすべきなのは、

    「苦手なことがある」と認めること。

    そして「苦手」があるのは普通なことだと
    気づくこと。

    そのうえで、
    人の視線や批判の声があると落ち込む、
    ということに気づくこと
    です。

    今すぐ考え方を変えるのは難しいです。

    なので、徐々にで大丈夫。

    「俺って人の目線を感じると焦るよな」と気づくだけでも、大きな一歩です

    自分の心に向いた矢を少しズラせますよ。

    スポンサーリンク

    仕事ができない辛さを抜け出す方法【2】その仕事に興味ある?と自分に聞く

    暗い部屋で仕事をする男性
    仕事ができないを抜け出す方法
  • 周りの目を気にしている事を認める
  • その仕事に興味ある?と自分に聞く
  • 仕事ができて手に入るものを考える
  • 仕事ができない、と悩む時に考えたいのが、

    「その仕事に興味ある?」ということです。

    今から伝えることは、
    大事なので覚えておいてください。

    仕事は「好き・嫌い」があっていいんです。

    「当たり前だよね」と思う人は、
    このまま静かにこのページを閉じて下さい。

    ぼくは、もともと“真面目”なほうなので、
    「嫌い」と認めるのがなんかイヤで……。

    「イヤだから適当にやる」
    「好きだから力を入れてやる」

    これって、幼稚な考えだと思ってました。

    とくに努力で何事も乗り越えてきた人は、

    「適当」という言葉に抵抗を感じるかなと。

    でも薄々感じているかもしれませんが、キライだったり、苦手だったりしたことをどんなにできるようにしても、仕事って評価されないですよね……

    逆に、自分が他の人よりできることに
    「すごい!」と褒められる事が多かったり。

    つまり「仕事ができない」と悩むのは、

    そもそも興味ない仕事だったり、
    苦手だと思っている仕事だったりするのに、

    なんとか頑張ろうとして、
    結局うまくいかなったときなんです。

    仕事できないのが辛くて「仕事を辞めたい」は、ふつうなこと

    仕事ができる人って、
    多くの場合、どっかで必ず手を抜いてます。

    根が真面目なぼくからすると、なんかムカついたりするんですが……

    でもある意味「仕事」は、手を抜くのが
    「正解な世界」だったりします。

    むしろ「あれもこれもできなきゃ」と焦って
    空回って自滅するぼくのような人間より、

    これはキライだから適当にやろ。怒られても、キライはキライだし。他の人より得意なことはあるから、まぁいいっしょ

    と思える人のほうが、悩みは少ないはず。

    つまり何が言いたいかっていうと、

    「興味がない仕事」がうまくできなくても、
    それって当たり前だよね、と言うことです。

    さらに言うと、

    興味のない仕事をして悩んでいたら、
    「辞めたい」と思うのも“ふつう”です。

    好きになるように努力すべきだよ

    って言われたことありませんか?

    でも冷静に考えたら、無理ですよね。

    「なんで好きになれないんだろう……」と
    自問自答する人もいますが、ムダです。

    「好きだから好き」
    「嫌いだから嫌い」

    って、女子高生みたいな考えでいいんです。

    ソフトバンクの孫社長も、
    ユニクロの柳井社長も、
    アップルのビル・ゲイツも、

    結局は好きなことに取り組んできた人です。

    好きなことがそもそもない……

    と悩む人もいるかと思いますが、

    そういう人は、逆に「なんかイヤだな」
    思う仕事を考えてみてください。

    これをやるって考えると気持ちが落ち込む
    仕事は、1つや2つあると思います。

    そして自分に聞いてみて下さい。

    「その仕事ができなくて悩んでない?」と。

    そもそもモチベーションがないのに、「仕事だから」と取り組んだ結果として“できない”のは、あなたの能力のせいではありません

    モチベーションがないだけです。

    スポンサーリンク

    「仕事ができない」と悩むのは、強みを生かせる仕事が見つかっていない証拠

    ぼくは何でもそつなくこなしてきたので、

    「コツをつかめば、なんとかなりそう」
    「まだそんなに時間をかけてないし」

    と考えて、

    苦手に感じる仕事にも取り組んできました。

    実はこれは、危険な考えでした

    結局、仕事って「集中力」が大事です。

    そして「集中力」を維持するには、
    その仕事が「好き」である必要があります。

    コツを見つけるのも、
    時間をかけたらできるようになるのも、

    多少なりとも、
    その仕事をやっていて苦ではないからです。

    苦手な仕事を遠ざける自分にムチ打って、「できるようになる」と考えるのは、自分を追い詰めていたんですね

    好きでもないことは、できないんです。

    そして、できない自分に落ち込むんです。

    いや、待てよと。

    努力の方向性が間違っているんですよね。

    仕事ができないのは、
    あなたの能力のせいではありません。

    ただ、興味がないだけですよね?

    もっと単純に考えて大丈夫なんです。

    嫌いはきらい、これでOK。

    むしろ、好きなことを探すことに
    エネルギーを割くとメンタルは安定します。

    でもいきなり好きな仕事は見つかりません。

    まずは「自分の強み」は何かを知って、
    その強みを生かせる仕事を見つける事です。

    強みを生かした仕事は、
    控えめにいって楽しいですよ。

    自分はなんでもなくできることが、
    ほかの人から「すごい」と言われます。

    ちょっとした優越感ですね(笑)。

    がんばる努力をしなくていいんです。

    「努力をしなくていい」という言葉に違和感を感じる人は、「苦手なことを乗り越えた先に達成感がある」という思考でまだ固まっているかもしれません

    ちなみにグッドポイント診断を使えば、
    自分の強みが簡単に分かります。

    ぼくも、これまで2回転職してきて、
    毎回使ってましたね。

    グッドポイント診断は、

    質問に答えるだけで、18種類の強みのうち、
    自分の5つの強みをすぐに教えてくれます。

    ちなみにぼくのトップの強みは、
    「感受性」でした。

    「感受性=場の雰囲気を感じとる強み」

    まさにっ、て感じです(笑)。

    「仕事ができない」と悩むのは、そもそも、あなたがおこなっている仕事が強みを生かせる仕事ではない可能性がかなり高いです

    グッドポイント診断は、
    無料で簡単に結果が分かるので、

    強みを知りたい人は使わないと損ですよ。

    \今すぐ自分の強みをチェックする!/

    仕事ができない辛さを抜け出す方法【3】仕事ができて手に入るものを考える

    女性の横顔
    仕事ができないを抜け出す方法
  • 周りの目を気にしている事を認める
  • その仕事に興味ある?と自分に聞く
  • 仕事ができて手に入るものを考える
  • 仕事ができないのは、

  • まわりの目を気にするから空回る
  • その仕事がそもそも得意なことではない
  • といったことを説明してきました。

    では、これらをクリアして
    「仕事ができる」ようになったとします。

    さて、得られるものはなんでしょうか?

    まわりからの称賛の声ですか?
    昇進して給料が上がることですか?

    おそらく、ちがいますよね。

    仕事ができるようになって得られるのは、

    「自信」です。

    苦手を克服するだけが、自信をつける方法ではない

    仕事ができるようになれば、

    周りからの冷たい目線を感じなくて済むし、
    悩むこともなくなる。

    辛い思いをしなくて済む。
    自分に自信がついて、余裕が生まれる。

    心の奥で、そう考えているかもしれません。

    でも忘れがちなのが、こうして得られた「自信」を得るまでに、かなり苦労することです

    「苦手を乗り越えると自分に自信がつく」

    とよく言われます。

    受験勉強でも、スポーツでも、

    壁を乗り越えると新しい世界が待ってるぞ!がんばれ!

    と言われますよね。

    でも忘れられがちなのが、

    壁を越えられずに苦しむ人たちの存在です。

    まさに、あなたも「仕事」という壁の前で
    苦しむ1人かもしれません。

    たしかに、挑戦すらしないのはダメです。

    でも、少なからず仕事に取り組んでみて、
    「できない……」と悩んでいるという事は、

    この先、かなり苦労する可能性が大です。

    そこで知ってほしいのが、

    「自分に自信をつけること」は、
    意外と簡単に手に入るという事実です。

    「自信は、頑張った先にある」というのは、事実でもありウソでもあります

    なぜなら「できること」に目を向ければ、

    自信は簡単に手に入るからです。

    【結論】「強み」を生かせば自信は自然とついてくる

    あなたが頑張って、
    苦手な仕事を克服できたとします。

    自信が手に入るでしょう。

    でも、この先も働き続けますよね?
    新しい仕事をすることも必ずあります。

    そこで、苦手な仕事にまたぶつかったら、
    同じような苦労を積みますか?

    まわりからの冷たい目線に耐えつつ、
    モチベーションをなんとか奮い立たせ、

    他の人は簡単にできる事でも、
    苦労しつつ挑戦しますか?

    「できないこと」を克服しても、
    「できないこと」はまた現れます。

    どんなことにも果敢にチャレンジする人は、そもそも悩みません

    「仕事ができない」と悩むのは、

    なんか前に進まないといけない気がする

    と思ってなんとなく仕事に挑戦する人です。

    モチベーションがない時点で、
    壁がのぼれるはずはありません。

    それならば、
    壁にのぼるのをやめませんか?

    逃げ」と思われるかもしれませんね。

    でももう一度、冷静になって考えて下さい。
    あなたが欲しいのは「自信」なはず。

    苦手を克服するだけが自信を手にする唯一の方法ではありません

    「強み」を生かした仕事をして、

    「これが自分が貢献できることなんだ」
    と知ることも、自信につながります。

    こぼれ話
    ぼくは営業職はダメダメでしたが、「コツコツ取り組むのが得意」という自分の強みを生かして、今はWEB編集の仕事をしています。得意なことで同僚に喜ばれるのは、かなり嬉しくて自信になっています

    いまの仕事を精いっぱいおこないたい、
    というのは否定される事ではありません。

    でももし「つらいな……」と思ってるなら、

    「苦手な事を克服するだけが全てではない」
    「強みを生かした仕事をすると自信がつく」

    ということを知っておくと、
    気持ちに余裕が生まれるかもしれません。

    そもそも自分の強みって?
    これって本当に強みって言えるのかな?

    と思ったらグッドポイント診断
    試してみてくださいね。

    \今すぐ自分の強みをチェックする!/

    仕事ができない……辛いと悩む場合は、転職も視野に

    石の上に座る女性
    改めて、仕事ができない状態をから1歩抜け出す方法をお伝えします
    仕事ができないを抜け出す方法
  • 周りの目を気にしている事を認める
  • その仕事に興味ある?と自分に聞く
  • 仕事ができて手に入るものを考える
  • 今回お伝えしたことを考えてみて、
    「やりたい事」が会社の外に見つかったら、

    転職を考えるのもひとつの手です。

    自分の強みを生かせる環境は、
    いまの会社だけで探す必要はありません

    日本には、約300万社の会社があります。
    そして仕事は、数限りなく存在します。

    「できない」と悩むその仕事は、無数にある仕事のなかの1つに過ぎないかもしれません

    できないことを認めるのは、辛いものです。

    でも、あなたには、

    それ以上に「できること」があります。

    乗り越えるだけが全てではない
    今ある強みを生かすことも自信につながる

    ということは、ぜひ覚えておいてください。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です