男でも気まずくない!「1人ミュージカル」を楽しむためのポイントを紹介

男1人ミュージカル(アイキャッチ)

  • 男だけどミュージカルが好き
  • 女性客の視線が不安
  • 気まずい思いをしたくない

今回は、こうした不安を持ってるミュージカル好きの男性向けに、気まずい思いをせずに「男の1人ミュージカル」を楽しむポイントを紹介します!

ぼくはこれまで、1人でミュージカルを50回以上観劇してきました!「1人ブロードウェイ」も2回経験してます。

ようやく「1人ミュージカル」が平気になってきたぼくですが、今でも「女性が8~9割」を占めるミュージカルの劇場に足を踏み入れるときは、じわーっと変な汗をかくことがあります(笑)

あの男の人、1人で観に来てるよ・・・
彼女とか友達いないのかな・・・

完全に考えすぎ(笑)

しかし、周囲の目を常に気にして生きてきたぼくにとって、女性の集団に飛び込むのは勇気のいること。

「ミュージカルを楽しみたい!」「でも、気まずい思いをしたくない」という矛盾したキモチを抱えてきました・・・。

「あんた、男性だけでミュージカルなんて珍しいわねぇ~。友達と一緒じゃないのかい?」

と、見ず知らずのおばあちゃんに心配されたことも・・・(汗)

そこで編み出したのが、へいたくオリジナルの「気まずい思いをしないポイント3つ」です!!!

悩める”ミュージカル男子”に、ポイントのすべてをお伝えします!

男でも気まずくない!「1人ミュージカル」を楽しむためのポイントを紹介

男性が「1人ミュージカル」を楽しむためのポイントは、ずばり以下の3つです!

ポイント
  • はじの席に座るべし!!
  • パンフレットを買うべし!!
  • 白っぽい服装で行くべし!!

それぞれ、説明していきますね。

スポンサーリンク

「男の1人ミュージカル」を楽しむためのポイント①はじの席に座るべし!!

劇場の座席の写真

ぼくはミュージカルのチケットを買うとき、どうしても空いていない場合をのぞいて、全て「はじの席」を買っています。

理由は、次のとおり。

  • 女性に囲まれない
  • 背が高いことで不満を言われない

女性に囲まれない

女性2人が談笑している様子

ぼくが1人ミュージカルをしていて最もイヤなのが、女性客に囲まれること。特に両隣が女性だと、気まずいんですよね。

気まずい思いをしたくないので、ぼくはいつも「はじの席」を予約しています。

隣が女性でも、「囲まれていない」というだけで、安心感がハンパないです!!

こう考えるようになったのは、あるトラウマがあるからで・・・。

劇団四季の「美女と野獣」を1人で観に行ったとき、席が2階席の真ん中だったんですね。座ると、僕の両隣が小学生の女の子・・・。それぞれ女の子の友達とそのママたちで来ていたので、必然的にぼくの周りは女子、女子、女子。

女の子たちがキャッキャッしているなか、20代前半の男がぽつんと1人。恥ずかしいやら、緊張するやらで、ミュージカルに集中できなかったんですね。はぁ。

その日以来、真ん中の席はなるべく座らないように決めました。

劇団四季もそうですが、宝塚はもっと「女性の園」です。お客さんは自分なんか気にしてない、と思えればいいんですが、ぼくはキツイので、女性客がほとんどの劇団四季と宝塚は「はじの席」を確保するようにしています!!!

背が高いことで不満を言われない

怒っている女性

ぼくが「はじの席」をあえて選ぶ理由の2つ目が、背が高いことでうしろのお客さんから不平を言われない、ということです。

ちなみにぼくは身長176cmで、背が高いほうかなと思います。

女性客は150cm~160cmの方が多いと思うので、ぼくが前に座ってしまうと舞台が見えづらくなるんですよ。

ぼくの席のうしろで、女性友達で来ていたであろう2人のおばちゃんの会話が聞こえてきたこともありました。

「あなた(友達)、私より背高いじゃない?ちょっと見えにくいから、わたしと席変わりましょうよ。」

コソコソ話してましたが、おばちゃんのコソコソって丸聞こえですよね(汗)

もう、「すみません・・・」って感じです。

はじの席に座っても、うしろに小柄なお客さんがいれば、ぼくが「邪魔」なことは変わらないです。でも、はじの席は舞台を斜めから見ることになるので、ぼくの真後ろに座るよりも、幾分かは舞台がみえやすいんですね。

ぼくはテニスをやってて肩幅も広いので、女性の中にいると浮きます・・・。神経、使ってます(苦笑)

はじの席に座ると、落ち着いて観られます。考えすぎかもですが・・・。

ぼくみたいに考えすぎてしまう人は「はじの席」を確保してください!

スポンサーリンク

「男の1人ミュージカル」を楽しむためのポイント②パンフレットを買うべし!!

男の人がパンフレットを開いている画像

「はじの席」がどうしても買えないときもあります。また、このミュージカルはどうしても真ん中で観たい、というときも。

そんなときの秘策が「パンフレット」です!!

ぼくは「はじの席」以外の座席に座るや否や、パンフレットを広げて読み始めます。それは、もうひたすら。集中して読むと、周りは気になりません。

劇団四季のパンフレット

この写真は、ぼくが買った劇団四季のパンフレットの一部です。劇団四季は予約が殺到するので、「はじの席」がなかなか取れないんですね。そこで、ぼくは劇団四季ミュージカルを観る時はパンフレットを買うようにしています!

パンフレットは20~30ページあるものが多いので、開演前だけでなく、休憩中に呼んでも読み終えられません。

でも、パンフレットは1冊1,000円~1,500円するのでお金がも経ったいないと思う人もいるはず。ただでさえミュージカルはチケットが高いのに、買えないキモチも分かります。

そんなときは、ぼくは劇場でもらえるチラシをひたすら読みます!20枚近く束でくれるときもあるので、それに目を通していたら集中して周りは気にならなくなりますね。

パンフレット・チラシを読んでいると、人の目が気にならない&次の観劇の予定が立てられるのでおススメです★

スポンサーリンク

「男の1人ミュージカル」を楽しむためのポイント③白っぽい服装で行くべし!!

白シャツの男性の写真

これは、あまりお話ししたくないんですが・・・。話しちゃいます。

ミュージカルにはドレスコードがない、というのは本当なんですが、お客さんの女性たちはみんなオシャレをしているんですよね。そのなかで、ジーパン・Tシャツの男性は、必ず浮きます・・・

ぼくは友達とのBBQ終わりに半パンで劇場に行ったことがあったんですが、かなりチラチラ見られてメチャクチャ恥ずかしかったことがあります(BBQ終わりに行くなって、話ですが笑)

ぼくは、最低限ジャケットをはおっていくようにしていますが、「白っぽい」ものを意識的に選んでいます。なぜなら・・・

「関係者に思われる可能性が高いから」!!!!!www

「自意識過剰だろ」という意見は、ごもっともです(笑)。ただ言い訳をすると、ぼくは演劇会社で6年間仕事をしていましたが、芸能関係者の観劇スタイルで圧倒的に多い色が「白」なんですよ。

白みがかったグレー系のジャケットや、ホワイトのパンツを着てくる芸能関係者は本当に多いです。

単純に「ホワイト」は清潔感や高級感があるので、好んで着てくるのかなぁ、と思います。

そこで、「隠れるんじゃなくて、あえて目立つ」作戦を思いつきます。完全に中2病的な発想なんですが・・・

あっ、あの人俳優の友達なのかな?

はい、笑ってあげてください(笑)

ちなみに、ぼくの観劇定番スタイルは以下です。

白っぽいジャケットの写真

H&Mで3,000円で買ったストライプのグレージャケットと、UTの白シャツ900円です。安いっすよね・・・。

ちなみに安上がりで高級感を演出するならH&Mはおすすめです。特にジャケットはシンプルなものが多いですよ。

NYにミュージカル観劇に行った時も、簡単なドレスコードとして着ていきました↓↓↓
白っぽジャケットをニューヨークで来ている筆者の写真
NYにて。うしろの銅像はウォールストリートの名所の1つ「チャージング・ブル」
  • ミュージカルに来る女性はおしゃれしてくる
  • 男性も多少はおしゃれしないと浮く
  • どうせおしゃれするなら「関係者かな?」と思われたほうが1人で来ている言い訳ができる

改めて話すなら、この思考回路です(笑)

あくまで参考に。ただ、白系で行くと劇場でオシャレさを演出できるので、これだけは覚えて帰ってください・・・。

スポンサーリンク

男でも気まずくない日が来る日を願って今日も試行錯誤

男の人の身体が飛翔していく様子

ミュージカルは、まだまだ女性客がメインで、男性客はマイノリティーです。ぼくはミュージカルファン歴10年ほどですが、ようやく最近男性の姿も目にするようになりました。

ミュージカルを好きな男性は、ぼくのようにインドア派で、1人で過ごすのが好きな人が多いのかなと思います。一方で、劇場は必然的にいろいろな人に囲まれるストレスフルな環境です。

そのため、「周りの目を気にしないようにする」ことが「ミュージカルを心の底から楽しめる」ことにつながると思うんです!!

「白っぽい服」で行くかは別として(笑)、今回ご紹介したことを参考にしていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です