【東京】おすすめの大きい本屋ランキング【9店を徹底比較】

おすすめ書店アイキャッチ画像

東京の大きい書店9店を、
(独断と偏見で)ランキング形式で紹介します!

「休日は大好きな本に囲まれて過ごしたい」という方向けに、読書が大好きなぼくが、実際に全店に足を運んで情報をかき集めました!

いきなりですが、
ランキング結果を発表しちゃいます!!

【1位】丸善 丸の内本店(21点)
【2位】ジュンク堂書店 池袋本店(18点)
【3位】三省堂書店 神保町本店(17点)
【4位】ブックファースト新宿店(16点)
【5位】八重洲ブックセンター(15点)
【6位】三省堂書店 池袋本店(14点)
【7位】MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店(13点)
【8位】紀伊国屋書店 新宿本店(12点)
【9位(※閉店)】ブックオフ新宿駅東口店(11点)

採点基準は、以下の5つです。
満点は<25点>です

① 本の探しやすさ(5点)
② 居心地の良さ (5点)
③ 専門書の充実度(5点)
④ 店員さんの接客(5点)
⑤ カフェの充実度(5点)

※掲載情報は2019年11月時点のものです。情報の正確性には万全を期していますが、全ての情報の正確性を保証するものではありません

【1位】丸善 丸の内本店

1位 (21点/25点)

【本の探しやすさ】★★★★☆(4点)
【居心地のよさ】 ★★★★☆(4点)
【専門書の充実度】★★★★☆(4点)
【店員さんの接客】★★★★☆(4点)
【カフェの充実度】★★★★★(5点)

東京駅の丸の内側に、
ドドンと構える書店です。

スタイリッシュできれいな店内、専門書の多さ、カフェの充実度のどれをとってもハイクオリティな書店で、堂々の1位です!!
★公式HPはこちら

<フロアガイド>はこちら
(1階~4階)

■営業時間: 9:00~21:00
■電話: 03-5288-8881
■住所: 東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 1~4F
■アクセス:
JR「東京駅」丸の内北口から徒歩1分
地下鉄丸の内線「東京駅」から徒歩5分
地下鉄東西線「大手町駅」から徒歩5分
地下鉄三田線「大手町駅」から徒歩5分
地下鉄千代田線「大手町駅」から徒歩7分

東京駅「丸の内側」の改札を出てすぐの「oazo」のなかにあります。駅直結で雨に濡れずに行けるのは、ポイント高いですね!

「oazo」は軽食やレストラン、小物ショップなどがあり、1日いても飽きないショッピング街です

【本の探しやすさ】
★★★★☆(4点)

【1階】ビジネス関連書籍が山ほどあります

本は非常に探しやすいです。場所柄、サラリーマンで混んではいますが、ゆとりのある本棚の配置で混雑を感じさせません。店内はエスカレーターで全フロア移動できます。

ピカピカのエスカレーターで全フロア移動できます

検索パネルの数も多いのもポイントです。しかも、大きくて見やすいフロアマップの下に設置してあるというホスピタリティの高さ!

フロアマップは非常に大きくて見やすいです!

しいてマイナス点を挙げるなら、
本棚がメチャクチャ高いこと。

ぼくは身長176cmですが、てっぺんの本は背伸びをしてギリギリ取れるほどの高さ。小柄な女性は、本を取るのに苦労しそうです・・・。

踏み台は、基本的に棚ごとに用意されています。

どのフロアも本棚はかなり高い
踏み台が用意されています

【居心地のよさ】
★★★★☆(4点)

店内は普通の書店とは一線を画すリッチな雰囲気

店内は、非常にキレイです。照明の色や本棚の光沢など、高級感を感じるリッチな空間が広がります。土地柄、30歳~50際の会社員が多いので、静かに落ち着いて本を選べます。

本を検討できるちょっとしたスペースも用意されています

2階の窓際には、本を比較するための椅子も用意されています。ただ6脚ほどしかないので、なかなか座れません・・・。

【4階】バラエティ豊かな文房具や小物も

さすが丸善ということもあり、文具や小物の充実度はハンパありません。
おそらく会社で使うものは全て手に入るのでは、と思う品ぞろえです。革製品といった高級な小物の専用スペースもありました。

スポンサーリンク

【専門書の充実度】
★★★★☆(4点)

3階の専門書の充実度もピカイチです。
理工学、コンピュータ書は、奥までずっと続く棚を2~3つ贅沢に使うほどの蔵書数。各種法律関係の専門書も揃っています。一方で、デザインやアート系の蔵書はあまり多くない印象です。

【3階】ズラッと奥まで専門書が並ぶ光景は圧巻!

【店員さんの接客】
★★★★☆(4点)

店員さんの接客は、テキパキしていて好感が持てました。「ミュージカルの戯曲の場所はどこですか?」というぼくのニッチな質問にも、違うフロアの店員さんは具体的な棚の位置まで一瞬で答えてくれましたよ!

オリジナルフェアも開催されています

数は多くはないものの、フェアも開催されています。店員さんおすすめのポップもあり、眺めているだけでも楽しくさせてくれる工夫がちりばめられています。

【カフェの充実度】
★★★★★(5点)

併設カフェの充実度は、今回紹介する書店のなかで群を抜いています!
店内には2つのカフェがあります。

カフェ「1869」は、窓際の席が約30席も!
コーヒー片手に、購入した本を存分に愉しむことができるカフェです。

【3階】カフェ「1869」
窓際のカウンター席はおすすめ!窓の外を走る電車をぼ~っと眺めつつ、自分ひとりだけの時間にひたれます。
カフェカウンターが約30席も!
Cafe 1869 byMARUZEN
■営業時間: 9:00~21:00
■場所:丸善丸の内本店3階
■44席(全席禁煙)
☆最新の店舗情報はこちらから

4階の「エムシーカフェ」は、
3階の「カフェ1869」と比べると、高級感あるカフェです。スイーツやフロートが充実しているので、本探しに疲れた頭をリフレッシュするために立ち寄るのがいいかもしれません。

4階】「エムシー・カフェ」
エムシー・カフェ
■営業時間: 9:00~21:00
■場所:丸善丸の内本店4階
■96席(全席禁煙)
☆最新の店舗情報はこちら
☆「ぐるなび」情報は
こちら

「丸善 丸の内本店」はハイスペックな快適空間

「丸善 丸の内本店」は、ワンランク上の大人な書店です。
とっつきにくい雰囲気はなく、明るくスタイリッシュな店内、カジュアルなカフェもあり、居心地抜群!気づいたら2時間過ぎていました(笑)東京駅直結の書店なのでアクセスも抜群です!

わざわざ遠くから行く価値がある、かなりおすすめの書店です!!
「丸善 丸の内本店」公式HPはこちら

スポンサーリンク

【2位】ジュンク堂書店 池袋本店

2位 (18点/25点)

【本の探しやすさ】★★★★☆(4点)
【居心地のよさ】 ★★★☆☆(3点)
【専門書の充実度】★★★★★(5点)
【店員さんの接客】★★★☆☆(3点)
【カフェの充実度】★★★☆☆(3点)
「池袋といったらこの本屋!」というくらい有名な書店。B1階~8階のビルまるごとに本が山ほど詰まっています

専門書の圧倒的な量は、ほかの書店を凌駕します。
人が多かったり、大きさのわりに小さなカフェが1つしかなかったりという点はあるものの、「欲しい本は必ず見つかる!」と豪語できるほど圧巻の品ぞろえで、納得の2位です。

★公式HPはこちら

<フロアガイド>はこちら

※公式HPにフロア情報の記載がないため、ケイボンさんのブログを貼らせていただきます

■営業時間: 10:00~22:00
■電話: 03-5956-6111
■住所: 東京都豊島区南池袋2-15-5
■アクセス:
JR池袋駅/東武東上線「池袋駅」東口から徒歩約5分
東京メトロ有楽町線/副都心線/丸ノ内線「池袋駅」39番出口から徒歩約5分
西武池袋線「池袋駅」西武南口から徒歩約2分

池袋駅「東口」を出て、右に5分ほど歩くと右前にガラス張りの大きなビルが見えてきます。「JUNKUDO」の大きな緑の看板があるので、初めてでもすぐに見つけられます。

【本の探しやすさ】
★★★★☆(4点)

B1階~8階の巨大店舗のわりに、本は探しやすいです。
ワンフロアは先が見えないほど広いのですが、ジャンル別に棚が明確に区画されているので、迷子になることはありません。

店内はジャンルごとに細かく区画されています

1階入口すぐの場所に検索パネルが5つも!目的の本をすぐに探したい人は意外といると思うので、こうした心配りは嬉しいですね。

【1階】検索パネルが5つもあります

店内の移動は、エレベーター(2基)とエスカレーターを使います。途中で乗り換える必要がなく、最上階の8階まで行くことができますよ。

エスカレーターはガラス張りの壁側にあるので、高所恐怖症のひとは少し怖いかも・・・。
ガラスの壁際にB1階~8階をつなぐエスカレーターがあります

【居心地のよさ】
★★★☆☆(3点)

居心地は、良いとも悪いともいえずです。
良い点は、著書の先生からのサインが貼ってあるなど、無味乾燥な棚が少なく、歩いて回っても飽きないことかなと。また、各階に10席ほど本を選べる椅子が用意されています!
一方でお客さんの数が多く、あまりゆっくりはできないかなと・・・。また年季の入ったビルなので、トイレも含めあまりキレイとはいえません。どのフロアも蛍光灯がギラギラで、昔のオフィスビルって感じです。

著書の先生からのサインの数が多く、
さすが有名書店といったところです
各フロアには、腰かけて本を選べる椅子が10脚ほど用意されています!

店内は、基本的に「本」だけです。小さな文房具コーナーや、ちょっとした絵画展もやっていたのですが、地味さは否めません。

あくまで「本を探す場所」に特化している雰囲気です。派手な装飾が苦手な方には、ほっと一息つける空間かなと思います

スポンサーリンク

【専門書の充実度】
★★★★★(5点)

コンピュータ関連書の蔵書はエグイほど多いです

専門書の蔵書は、都内No.1の称号が与えられてもおかしくないほど、圧倒的。
ワンフロアごとに、文字通り「隙間なく」専門書が並べられています。Amasonで手に入らない本も見つかるのでは(?)というくらいの蔵書数です。

「宇宙」や「鉄道」、「ミリタリー」など男子受けする本が目立つ

男子の知的好奇心をくすぐる本が多いのも、特徴のひとつです。ほかの書店では隅に追いやられていることの多い「宇宙」「鉄道」「船舶」「ミリタリー」などが、堂々とエスカレーターの手前のフロアに陣取っています。もちろん、理工学・医学書の蔵書もハンパないです。

同じ池袋にある「三省堂書店 池袋本店」は女性向けの本が多く、ここ「ジュンク堂書店 池袋本店」は男性向けの本が多い印象です。実際に、女性よりも男性の姿が店内に多かったですね

【店員さんの接客】
★★★☆☆(3点)

各フロアには「案内コーナー」が用意されています

店員さんは、落ち着いた(暗い・・・)印象の方が多かったです。
質問した本の場所まで連れて行ってくれたり、静かながら親切な対応は嬉しかったです。

各階には案内コーナーが用意されていますが、肝心の店員さんがいないことが多いです・・・。
会計は全て1階です

レジは全て1階で行います。
レジの数は20台以上ありますが、お客さんは常に並んでいます。レジ対応に店員さんが割かれているためか、各フロアにはあまり店員さんの姿はありません。

【カフェの充実度】
★★★☆☆(3点)

可愛らしい看板が目印の「MJ ブックカフェ」

4階には、「MJ ブックカフェ」があります。
フロアのいちばん奥にひっそりとある、お客さんが少ない「穴場」です。椅子が20脚くらいの、かなりこじんまりとしたカフェです。

4階の歴史書の棚の近くということもあり、本を探しているお客さんは少ないので静かです。本に集中できるゆったり空間です
店内はウッディーな落ち着いた空間。購入前の本は読めません

「ジュンク堂書店 池袋本店」の併設カフェは、ここだけです。外に出てカフェを探そうと思っても、池袋はカフェやファミレスで溢れていますが、どこも混んでいるんですよね・・・。
このカフェは混んでいないので、買った本をすぐに読みたい方はこのカフェを真っ先にめざしましょう。

MJブックカフェ
■営業時間:
[月~土] 10:00~22:15
[日・祝] 10:00~21:45
■場所:ジュンク堂書店 池袋本店4階
■完全禁煙
☆「食べログ」情報はこちら

「池袋を代表する本屋」に恥じない圧巻の品ぞろえ

「ジュンク堂書店 池袋本店」は、とにかく専門書の数が圧倒的です。
新刊、文庫、児童書や学習参考書も、ほかの書店以上に揃っている印象です。さすがビル一棟まるまる本屋なだけあります。

あくまで「本で勝負する」という圧倒的なプライドが感じられる店内は、華美な装飾はありません。本だけに囲まれる、本好きにはたまらない至福の空間です
「ジュンク堂書店 池袋本店」
公式HPはこちら

スポンサーリンク

【3位】三省堂書店 神保町本店

3位 (17点/25点)

【本の探しやすさ】★★★☆☆(3点)
【居心地のよさ】 ★★★☆☆(3点)
【専門書の充実度】★★★★☆(4点)
【店員さんの接客】★★★☆☆(3点)
【カフェの充実度】★★★★☆(4点)

日本を代表する「本の街」神保町を代表する本屋。専門書の充実度、通路の広さ、静かなカフェも併設された、マイナスポイントがほとんど見つからない平均点の高い書店です。

★公式HPはこちら
★【三省堂書店 神保町本店】特設サイトはこちら

<フロアガイド>はこちら
(1階~6階/8階はイベント会場)

■営業時間:10:00~20:00(定休日:元旦)
■電話(在庫情報もこちら): 03-3233-3312
■住所: 東京都千代田区神田神保町1-1
■アクセス:
地下鉄「神保町駅」(半蔵門線・都営三田線・新宿線)から徒歩3分
・JR/地下鉄「丸の内線」御茶ノ水駅から徒歩6分
・地下鉄千代田線「新御茶ノ水駅」から徒歩5分

神保町駅から徒歩3分ほどで到着。古本屋が並ぶノスタルジックな道沿いに、ひときわ大きなビルが現れます。そこが、「三省堂書店 神保町本店」です。

外観はゴージャスな雰囲気。ゆっくりとした時が流れる神保町の街並みのなかで、ひときわ異彩を放っています

【本の探しやすさ】
★★★★☆(4点)

ゆとりのある店内は移動がしやすいです

本はストレスなく探せます!
店内は全フロアエスカレーターとエレベーターで移動ができます。エレベーターもエスカレーターも混んでいません。

ジャンルごとに細かく棚が分かれています。ピンポイントにほしい本を探せるのは便利です
【1階】各フロアのおすすめ本を紹介するコーナーも

1階には、各フロアのセクションごとの「読んでおきたい本」を一挙に紹介しているコーナーが。このコーナーをざっと見るだけで、全てのジャンルの流行がわかります。無名な著者の本も多く、「本当に中身がよい本を紹介する」という店員さんの想いが伝わってきます。

ビシっときれいに本が並べられた店内
本棚はきれいに収納されています。平置きされている本もバラバラにならず整列されているので、タイトルが見やすい状態になっています!
フロアガイドは少し小さく見にくい

各フロアの案内表示が見えずらいのは、少しマイナスポイントかなと。棚の側面に画用紙サイズくらいのものが貼られているんですが、文字が細かくて見えずらいんですね・・・。

各フロアには検索パネルがあったり、店員さんが常駐している案内カウンターがあります。

【居心地のよさ】
★★★☆☆(3点)

居心地は、悪くないです。店内はサラリーマンの姿が多く、静かです。ただ建物が少し古いので、スタイリッシュな本屋とは無縁ですが・・・。落ち着いた雰囲気が好きな方は長居したくなる空間です。

1階入口には雑貨店「神保町いちのいち」があります。主に女性向けのかわいい小物がそろっています。店内に入るとすぐに目に入るので、パッと心まで明るくしてくれますよ!
【1階入口そば】雑貨店「神保町いちのいち」

店内では、イベント(開催内容はこちら)も頻繁に行われています。本を見るだけではない、飽きない工夫が店内のいたるところでされています。 4階で古本市もやっていますが、イベント内容を含めて若いひと向けの企画とはいえません・・・。

ぼくが行ったときは「ハリウッドスターサイン展 」がやっていました
ほぼ毎日、イベントが開催されています

スポンサーリンク

【専門書の充実度】
★★★★☆(4点)

【5階】医学書専門フロアがあります

専門書は、非常に充実しています!
5階の医学書中心の「メディカルブックセンター」が独立エリアとしてあったり、同じく5階の理工学コーナーのフロア面積が他の書店よりも大きかったりと、かなり満足できる蔵書数です。
一方で、アート系の本は他店より少なく感じました。理数系がメインのようです。

学生には嬉しい「就活対策本」は他の書店より多い印象

資格本や就活本は、3階エリアで全て対策ができてしまうほどの冊数でした。
また6階の「学習参考書」エリアの充実度は、ハンパないです。 小学校から高校までの検定教科書があったり、勉強のコツの本が大量にあります。

【6階】「学習参考書エリア」は他店を圧倒する蔵書数
学生だったら、学校の近くにほしいと思うすさまじい量の参考書です。幼児教育から大学教科書までそろっています。 ここに来たら、いやでも勉強が好きになってしまうだろうなぁ・・・

【店員さんの接客】
★★★☆☆(3点)

店員さんは皆さん忙しそうで、声をかけるのがちょっと気が引けました。

本の場所を質問した店員さんは、2名とも「どこの階にあるかだけ」しか教えてくれず・・・ほかの書店は、フロアの棚の位置まで教えてくれることが多かったので、(贅沢なお願いかも知れませんが)ちょっと寂しかったです
レジは1階のみです。店員さんはどなたも忙しそうです

レジは1階のみです。
多くのジャンルの本を買う場合は、専用のカゴをもって店内を回ります。

【カフェの充実度】
★★★★☆(4点)

店内には併設カフェ「コンフォート」と、
カフェではありませんがビアホール「放心亭」が併設されています。

2階の「カフェコンフォート」は店内の死角にあるので、あまり混んでいないのがポイントです。

2階「カフェコンフォート」

カフェ店内は非常にシックで静かな雰囲気です。買った本を思う存分読むことができますよ! 丁寧に淹れられたコーヒーが美味しいです。

スイーツが充実しています。店内をまわって疲れた足と頭を休ませるにはピッタリのカフェです
落ち着いた店内は混雑していない穴場スポット
カフェ コンフォート」
■営業時間:
平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~20:00
■住所: 東京都千代田区神田神保町1-1 三省堂書店神保町本店2F
■ 73席(禁煙:35席、喫煙:38席)
☆最新情報はこちらからご確認ください
☆「食べログ」情報はこちら

地下1階の「放心亭」は、ドイツ料理やドイツビールが楽しめる陽気なお店です。友達同士で本屋をめぐって、帰り際に美味しいおつまみを片手に乾杯という使い方にピッタリです。

B1階「放心亭」

放心亭
■営業時間:
[月~土]11:30~23:00
[日・祝]11:30~21:30
■ 東京都千代田区神田神保町1-1 三省堂書店神保町本店B1F
■80席(全面喫煙可/11:30~14:00全席禁煙)
☆「食べログ」情報はこちら

「三省堂書店 神保町本店」は”THE・優等生”

神保町の三省堂書店は、安定感が抜群です。
書店にほしい要素が、高いレベルでそろっています。蔵書数はもちろん、店内の移動のしやすさや、専門書の充実度など、「わざわざ行って損した・・・」と思うことのない優良書店です。

「個性がない」ともいえます。ただ、「神保町」という古風な面影が残る街の本屋と考えれば、あまり華美ではない「三省堂神保町本店」は街の雰囲気にマッチしているとも。

都心からちょっと離れた、静かで落ち着いた書店を探している方は、ぜひ足を運んでみて下さい!
「三省堂書店 神保町本店」公式HPはこちら

スポンサーリンク

【4位】ブックファースト新宿店

4位 (16点/25点)

【本の探しやすさ】★★★☆☆(3点)
【居心地のよさ】 ★★★★☆(4点)
【専門書の充実度】★★★☆☆(3点)
【店員さんの接客】★★★★☆(4点)
【カフェの充実度】★★☆☆☆(2点)

「居心地の良さ」抜群の、新宿の穴場書店です。 23:00まで営業しているので、残業帰りのサラリーマンには助かりますね。

地下店舗なのに明るさを感じるスタイリッシュな店内です!!

★公式HPはこちら

<フロアガイド>はこちら
(B1階~B2階)

■営業時間: 10:00~23:00
■電話:03-5339-7611
■住所:東京都新宿区西新宿1-7-3 モード学園コクーンタワー 地下1階・地下2階
■アクセス:
JR/小田急/京王/東京メトロ/都営地下鉄「新宿駅」から徒歩3分~5分

新宿西口の地下街から雨に濡れずに行けるのが魅力。東京モード学園が入っているコクーンタワーのB1階とB2階の2フロア構造です。

【本の探しやすさ】
★★★☆☆(3点)

はじめて行く人は、迷子になる可能性があります。
店内が少し複雑な構造をしているんですね。

ぼくは、初めて行ったとき迷いました・・・(笑)
2階構造の店内は、細かくカテゴリー分けされています

店内は迷路みたいで楽しいですが、 ちょっと複雑なカタチをしています。
B1階の【Cゾーン】とB2階の【Gゾーン】は、フロア内にありません。一回外に出て、専用の扉から入りなおす必要があります。

B1階【Cゾーン】:コミック、学習参考書
B2階【Gゾーン】:理学、工学、福祉、医学・看護、コンピュータ
【B1階】「Cゾーン」は別フロアになっています
【B2階】「Gゾーン」は別ゾーンになっています
※「Fゾーン」はイベントスペース
扉を開けて別フロア(Cフロア/Gフロア)に入る複雑な構造のため、慣れないと迷いそうです
一回外に出てから、別フロアの扉を開けて中に入ります

店内には、B1階とB2階をつなぐ階段やエスカレーターがありません。
一回外に出て、階段か、店外のエレベーターを使う必要があります。移動は、少し面倒に感じてしまうかもしれません。

B1階とB2階のタテの移動は外の階段かエレベーターを使います

【居心地のよさ】
★★★★☆(4点)

オレンジがかった照明が気分を落ち着かせてくれます

居心地は、非常に良いですね。
店内は淡い光に照らされた、非常にシックな雰囲気。新宿の騒がしさを感じない、オアシスのような場所です。

書棚はきっちり整頓されています

店内のどこを見渡しても、本がキレイに棚に収まっています。
ぎゅうぎゅうに詰め込まれている感じは全くないです。スッキリ見やすい配置が圧迫感がなくて、心地よいんですよね。

ピカピカの一冊を持って帰りたい人には、本の状態はかなり良いといえます。 多くの人に触れて表紙がスレてしまっていることもなかったです。

ちなみに、トイレもきれいです!
高級文具がそろうおしゃれなコーナーも

「文房具エリア」は、お土産に最適な高級文房具がそろっています!新宿で文房具を買うには、西口の「世界堂」や南口の「東急ハンズ」があります。しかし、オシャレ文具が一度にみられるのは、ここブックファーストだからこそのメリットですね。

【B1階】「雑誌コーナー」は混んでいま

しいてマイナス点を挙げるなら、雑誌コーナーが混雑していることですかね。女性誌や男性誌、専門誌のラインナップは圧巻なんですが、会社が近くに多いからか、社会人の立ち読みの人が多いんです。

気になる雑誌をみたいのに先客がいて、「早くどいてくれないかな~」と思ったことは一度や二度ではありません・・・。

スポンサーリンク

【専門書の充実度】
★★★☆☆(3点)

芸術系やアート系の専門書が豊富

専門書の取り扱いは、ほかの書店と引けをとりません。
ぼくの探していたマイナーな本『戦後ミュージカルの展望』もしっかりありました。「東京モード学園」の生徒が利用する書店だからか、デザインやアート関連の本がかなり多かったように思います。

【B2階】「フロアG(専門書コーナー)」はかなり静かです

B2階の理学・コンピュータなどの専用コーナーは穴場です。
お客さんの姿がほとんどなく、静かでキレイな空間で思う存分好きな分野の本を探求できます! 「住宅」だけでも、5つ以上細かくカテゴリー分けされた専用の棚がありました。

【店員さんの接客】
★★★★☆(4点)

店員さんは、非常に丁寧な受け答えが好印象な方ばかりです。

マンガコーナーで無礼にも「演劇の戯曲はどこにありますか?」と聞いたところ、フロアマップを持ってきてくれて懇切丁寧に場所を教えてくれました
「ブックファーストのイチオシ本コーナー」は必見!

「ブックファーストのイチオシ本コーナー」は、必見です。
ブックファーストの店員さんが「埋もれてしまうには惜しい本」を紹介するコーナーです。 「ランキングに入っている本」や、「映画の原作本」といったいわゆる”売れる本”は紹介していません。

流行に流されるのではなく、あくまで「良い本」を紹介するブックファーストの心意気を感じる熱いスポットです。
(ぼくが行ったときは
『使用人探偵シズカ』が紹介されていました)
店員さんの手の込んだポップも見るべきポイント

フロア全体的に店員さん直筆のポップは少ない印象です。少し寂しい気もしますが、スタイリッシュな店内なので、むしろポップだらけじゃないのは雰囲気を壊さなくていいのかもしれません。

ときどき見かけるポップは、なかなか手の込んでいるもので、イラストも使っていて可愛らしいです。疲れた心がなごみます(*^^*)

【カフェの充実度】
★★☆☆☆(2点)

カフェは、ブックファーストが入っているコクーンビルの1階に「タリーズ」が入っています。
しかし、平日・休日問わずサラリーマンや学生でかなり混んでいます。席に座れても、落ち着いて読書、とはいかないかもしれません。

タリーズ新宿コクーンタワー店
■営業時間: 8:00~21:00
■住所:東京都新宿区西新宿1-7-3 コクーンタワー1F
■100席(分煙)
☆最新情報はこちらからご確認ください
☆「食べログ」情報はこちら

落ち着いて本を読みたい場合は、「ロイヤルホスト新宿三井ビル店」は静かでおすすめです。 新宿駅から離れてしまいますが・・・。地下街から新宿中央公園に行く右手にあります

「ブックファースト新宿店」はフロア構造に慣れれば満足できるハイクオリティな書店

「ブックファースト新宿店」は、仕事で疲れたサラリーマンの癒しの場所です。キレイで静か、店員さんの対応も気持ちいいです。フロアの構造が少し複雑ですが、何回も足を運べば慣れますよ。

雨にも濡れずに行ける便利な書店です(^^)ぜひ足を運んでみてください!
「ブックファースト新宿店」
公式HPはこちら

スポンサーリンク

【5位】八重洲ブックセンター

5位 (15点/25点)

【本の探しやすさ】★★☆☆☆(2点)
【居心地のよさ】 ★★★☆☆(3点)
【専門書の充実度】★★★★☆(4点)
【店員さんの接客】★★★☆☆(3点)
【カフェの充実度】★★★☆☆(3点)

40周年を迎えた老舗書店。古さを感じない店内は明るくてキレイです。しかし、4階までしかエスカレーターがなかったり、慣れないと導線が分かりにくいことが少し不便に感じるかもしれません。

★公式HPはこちら

<フロアガイド>はこちら
(B1階~8階)

■営業時間:
月曜日~土曜日10:00~21:00
日曜日・祝日10:00~20:00
■電話: 03-3281-1811
■住所: 東京都中央区八重洲2-5-1
■アクセス:
JR「東京駅」八重洲南口から徒歩3分
東京メトロ銀座線「京橋駅」8番出口(京橋エドグラン)から徒歩3分

東京駅の八重洲口を出て大通りを渡った右にあります。8階建てビル一棟まるごと本屋なので、初めてでもすぐ場所はわかります。新幹線の入り口やバスターミナルが近くにあるので、出発待ちまでの時間つぶしにも最適ですね。

駅直結ではないので、雨の日や暑い日はちょっと不便かも・・・。
40周年を迎えた東京駅のランドマーク的存在です

【本の探しやすさ】
★★☆☆☆(2点)

本は、あまり探しやすいとはいえません。
店内の移動が、複雑なんです・・・。エレベーター、エスカレーター、階段を使いこなす必要があるんですね。エスカレーターが4階どまりのため、5階より上に行くにはエレベーターに乗り換えるか、階段を上る必要があります。

・エレベーター:B1階・2階・3階には止まりません。
・エスカレーター:B1階~4階まで
・階段:B1階~1階/4階~8階まで
エレベーターはB1階・2階・3階に止まりません
エスカレーターは4階までです

店内は外からみたビルの大きさが嘘みたいに、コンパクトです。棚は高くないので、女性でも上段の本は取りやすいですね。

棚がかなり窮屈に配列されています。ほかのお客さんとすれ違うときは、ちょっと気を使います
棚どうしのスペースは狭め

各フロアには検索機があり、かなりスイスイ検索できます。フロア案内図は少し小さめ。主張することなくサラッと貼られているため、見過ごしてしまうお客さんは多いのではないかなと。

【居心地のよさ】
★★★☆☆(3点)

40年目をむかえた店内は、古い印象は受けません。
どのフロアも本が乱れていることは少なく、清潔感がありました。ちなみに新刊フロアや漫画フロアは明るく、専門書コーナーはうす暗くと、フロアごとに照明を調整しているようです。

【1階】サラリーマンが多い場所なだけにビジネス本や自己啓発本が多いです

各階には、本を読めるスペースが用意されています(あくまで本の比較のためのスペース)。ガラス張りの開放的な空間は、気持ちいいです。

本の比較スペース(右奥には東京駅の白い屋根が見えます)
トイレはB1階だけがメチャクチャきれいで、それ以外の階は古さが否めませんでした・・・

スポンサーリンク

【専門書の充実度】
★★☆☆☆(2点)

専門書の取り揃えは、あまり期待できません。
コンピュータや理工学書など、ジャンルは一通り網羅されているのですが、「広く浅く」といった印象です。

専門書は「広く浅く」という印象

1階のスペースの多くを、「旅行書」が占めていました。かなりの量で、圧倒されます。東京駅を経由する観光客への配慮かな、と。

「るるぶ」一色の棚は圧巻!!

【店員さんの接客】
★★★★☆(4点)

店員さんは、本屋ではめずらしく(?)明るくハキハキされた方が多かったです。
本の場所を質問すると、満面の笑顔でどなたも教えてくれました。各フロアには店員さんも多いので、すぐに質問できるのも良いですね。

レジは1階のみになりました

2019年5月25日から、レジは1階に集約されています。列を案内する店員さんもいて、親切な対応が好印象でした。